ホーム事務所便り あさひ > 2017年5月第128号_6

事務所便り あさひ

 

新着税務ニュース・会計、経営情報
経営セミナー、リスクマネジメント


税務・会計・経営・IT・業界情報などなど経営者の方に有益な情報をお届けします!

事務所だより『あさひ』トップへ

事務所だより『あさひ』今月号目次へ

イメージ  ― 船橋営業所通信 ―

6 船橋の名所をご紹介 〜サッポロビール千葉工場〜

 今回の船橋営業所通信は、工場見学で人気のサッポロビール千葉工場をご紹介いたします。

サッポロビール千葉工場1
エントランスホール

 サッポロビール千葉工場は、サッポロビールの工場として昭和63年に竣工されました。サッポロビールの中でも人気の黒ラベルの製造を行っています。
 場所は船橋市の沿岸に位置し、最近はやりの工場見学の中でも特に人気のスポットです。船橋ということで、都内からのアクセスもよく近隣の駅からの専用バスも運行されています。
 工場見学は1日7回行われる黒ラベルツアーや無料のギャラリー見学などがあります。

 黒ラベルツアーでは専門のスタッフさんがサッポロビールの歴史沿革から、黒ラベルの原料や製造へのこだわりを、千葉工場の醸造設備と共にご案内していただけます。また、工場隣にある三代目の南極観測船「SHIRASE5002」の船内見学と、黒ラベルツアーが一度に楽しめるコラボレーションツアーも行われております(曜日によって行われていない場合もあります)。
 黒ラベルツアーでは、黒ラベルが出来るまでの貴重なお話・体験の後、マリンサロンにて黒ラベルの試飲もでき、おつまみも付いてきます。ある意味これを楽しみにしている、という方も多くいらっしゃいます(筆者もその一人ですが笑)

サッポロビール黒ラベル
試飲した黒ラベル

 サッポロビール千葉工場は見学だけではありません。ビール工場の場内に併設された千葉ビール園です。こちらは、南カリフォルニアをイメージした全面ガラス張りのオーシャンビューのビアレストランで、「工場できたて」の黒ラベル、ヱビスビールなどのサッポロ生ビールと人気のジンギスカン、バーベキュー料理をご堪能いただけます。
 お昼は工場内を見学し、ビールに対する知識を深め、試飲で出来立てビールを堪能し、夜はビール園でおいしいジンギスカン料理を楽しむ。1日滞在できる施設となっています。ゴールデンウィークは、サッポロビール千葉工場へ遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

[所在地]
〒273-0014 千葉県船橋市高瀬町2番
[お問い合わせ先]
TEL:047-437-3591

[開館時間]
10:00〜17:00

[休館日]
毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始、臨時休館日
[アクセス]
JR津田沼駅、京成津田沼駅、JR新習志野駅からシャトルバスが運航しています。

サッポロビール千葉工場へのアクセス


 


※何かお困り事がございましたら、いつでも気軽にご相談ください。
船橋TEL:047-495-4153


2017年5月 前の記事へ ← 2017年5月第128号 目次へ ←  


 ↑ ページのトップへ

 事務所だより『あさひ』トップへ
 事務所だより『あさひ』バックナンバーへ