2017年8月第131号|4-2|ホームページ無料診断から|

ホームページを作るにはまずどうすればよいか?

ホームページを作る時に出来るだけ自分の商売を紹介しようと一生懸命になり、結果的にごちゃごちゃしたホームページになってしまい、見に来た人に対して何をしてほしいホームページなのかが解りづらくなってしまうというケースが多々ありました。ホームページに力を入れるということは大変素晴らしいことだと思います。
ここでもう少し工夫するだけでホームページがもっと良くなってきます。

ネット間競争が日々し烈になっているこの時代。ホームページを見に来るお客も目が慣れています。おおよそ3秒見ればそのホームページが自分の目的を果たせてくれるかが解ります。ではその中で自分のホームページを見てもらうのには見てもらった人に何をしてもらうホームページなのかを明確にする必要があります。つまり、ホームページ自体がどこまで役割を持つのか?ということです。
ホームページの果たす役割は大きく分けて以下の5つに分けられると思います。

1、直販タイプ
ホームページ上で直接商品を売るタイプです。ネットショップの部類です。

2、お問合せタイプ
お問合せを受けて資料の請求や見積りして契約というタイプです。

3、育成タイプ
ホームページから無料ツールやセミナー、説明会などにきていただき、
ブログを見てもらったり、メールマガジンなどの情報発信を続けて関係を構築していきます。

4、信頼確認タイプ
名刺交換や取引先から紹介を受けて
その相手がホームページを確認するといった、ホームページを会社案内に使うタイプです。

5、求人専用タイプ
求人に特化したホームページを作って、そこから求人募集を行ったり、
リクルートサイトからのアクセスを増やしたり、
会社の求める人や実際の働いている人の感想を載せることで求職者の信用度を高めます。

さあ、自分が作りたいホームページがどのタイプに適しているのかが解りましたか?
作り始める前に、それぞれの性質としてどのタイプが適切なのかを考えてはいかがでしょうか?

何かお困りごとがございましたら、いつでも気軽にご相談下さい。
 TEL 04-7166-5588 IT事業部(あさひサポート) 弥生販売カスタマイズ導入支援室

関連記事

  1. 2018年3月第138号|3|今、話題の仮想通貨|
  2. 2016年12月第123号|2|「外国にいる家族を日本に呼び寄せ…
  3. 2019年10月第157号|1|「ニッポンの素晴らしき論功行賞(…
  4. 2016年11月第122号|4-2|健康に不安がある方の生命保険…
  5. 2016年11月第122号|3|事業承継を考える|
  6. 2016年2月第113号|1|コラム「日常生活と世界経済」|
  7. 2016年8月第119号|6|事業承継の進め方と『事業承継診断』…
  8. 2017年7月第130号|5-2|7月の税務・労務|

カテゴリー

PAGE TOP