2018年1月第136号|1|「迎春」|

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
昨年末に清水寺で発表された「今年の漢字」は北であった。確かに昨年は日本だけでなく世界中が北の独裁者に振り回された一年であった。毎年恒例となった「今年の漢字」であるが過去3年では「税」「安」「金」とその年の特徴をそれぞれ一文字で表すのだから感心する。それ以外で北に関連する面白い言葉を見つけた。相撲の隠語で変わり者やすねたりする者を意味する「北向く」という言葉。その語源は香川県高松市にある神社、華下(はなした)天満宮がその改築にあたり社殿が通常の向きと違う北向きに建てられて、そのため別名「北向き天神」と呼ばれた。この呼び名を「北向き変人」とシャレ言葉にして、普通の人と違う者のことを意味したことらしい。昨年の相撲界を襲った不祥事だが、力士や親方たち、さらには横綱審議委員も、関与したすべての人々が「北向く」と言えそうだ。奇しくもミサイルも大相撲も他国と日本という関係の中で起きている問題なのだろう。他国に振り回されるだけの昨年を反省し、核兵器禁止条約についても、COP21についても日本が積極的に世界中に存在感を発揮する年になることを切に思う。

税経センターグループ 代表 栗山隆史

関連記事

  1. 2018年1月第136号|4|2017年税経センターグループ大忘…
  2. 2017年8月第131号|4-1|あきない遠眼鏡(とおめがね)~…
  3. 2018年10月第145号|4-1|あきない遠眼鏡(とおめがね)…
  4. 2019年5月第152号|3|空き家特例|
  5. 2016年1月第112号|1|「迎春」|
  6. 2017年10月第133号|3|働き方改革に関する関係法律の整備…
  7. 2016年12月第123号|7|26年前の記憶~腰痛体操と名医~…
  8. 2016年8月第119号|5-2|8月の税務・労務|

カテゴリー

PAGE TOP