ホーム経営リスク対策 > 労働安全義務対策

労働安全義務対策

労災と考えるのでは?

会社が法律で定められた義務(安全配慮義務)や行政の指導(4つのケア)に対応していなかったり、さらに労災の申請すらできない状況に不満を募らせた従業員の矛先はどこへ向かうのでしょうか。

総合労働相談件数 94万6012件

平成18年度、従業員などから労働基準監督署への申告や相談、いわゆる「駆け込み」が94万件にもおよびました。
さらに労働基準監督署の調査「臨検」のうち91%が従業員による内部告発なのです。
※厚生労働省「平成18度個別労働紛争解決制度施行状況」

「自分の会社は何もしてくれない」従業員がそう思った瞬間に「内部告発」や「訴訟」のリスクを抱きます。

従業員が安心して働ける環境をつくることが会社発展につながります。

厚生労働省が指導する4つのケア
セルフケア

従業員自身によるストレスへの気づきと対処を会社がサポート。

ラインによるケア

管理監督者による部下のストレス要因の把握と改善を会社がサポート。

事業場内産業保健スタッフ等によるケア

産業医など社内の専門スタッフによる「セルフケア」「ラインによるケア」の支援。

事業場外資源によるケア

専門スタッフがいない中小企業などでは、外部の専門機関の協力や助言によって「セルフケア」や「ラインによるケア」を推進。

「何もしてくれない会社」と思われないために

メンタルヘルスの専門家によるカウンセリング 専門家の紹介・セカンドオピニオン 専門家による健康相談 もしもの時の見舞金の給付 万が一の時の弔慰金の給付 良好な労使関係 リスクマネジメント 生産性の向上 

    お気軽にご相談ください。04-7147-0647まで。