内定者 柏レイソル戦 最終節 観戦会!

こんにちは、税経センターです。

2017年12月2日(土)
内定者 柏レイソル戦 最終節 観戦会がありました!

残念ながら1名参加できなかったのですが、
内定者の皆さん3名
~4年ぶりに観戦する方
~初めてJリーグを観戦する方
楽しい観戦会となりました!


当日は、柏駅に11時45分に集合し、
スタジアムまで色々雑談しながら徒歩で向かいました。

 
スタジアムに到着後、出店が結構並んでおり各々好きな昼食を。

 
試合はスコアレスで前半を折り返し、自陣のサポーターの前で
後半得点が入った際は皆さん立ち上がり盛り上がりました。

以下、各々の感想を紹介します。

河村さん:
サッカー観戦自体初めての事だったので本日を楽しみしていました。拍手をして応援をしたり1点目を決めた時に皆で喜んだりして会場の雰囲気をとても味わえたのではないかと感じております。
日本代表の14番伊藤選手のキレのいいドリブル・シュートや23番の中村選手の会場を驚かせるようなセーブが目に焼き付きました。伊藤選手や中村選手のようにチームから頼られ、日本からも頼られるような、私自身も会社にとって無くてはならない存在になりたいと強く感じました。


青山さん:
私は、今回初めてサッカー観戦を体験しました。卓球の大会には行ったことがあるのですが、卓球の大会は個人戦が多いので、チームを応援するということはありませんでした。そのため、今回はまずサポーターの方々の一丸となった応援や、皆がユニフォームを着て会場をチームカラーに揃えて観戦をしていたことが、私にとって新鮮なものでした。テレビでは、試合の様子を映すことがほとんどなので、実際に行くことでしか味わえない臨場感だったと思います。
試合の様子も、思っていたより全然近いところで見ることができたことに驚き、やはりテレビで見るよりもゴール前でのプレーやシュートは白熱しました。私はサッカーについて戦略などのことはあまり知らなかったので、もっと詳しくなり、選手についてももっと勉強することでより楽しむことができたと思うので、また観戦するときにはサッカーや、レイソルについてもっと知ってから観に行こうと思います。
今回は、レイソル戦の観戦の機会をいただき、ありがとうございました。このような機会がなければ、サッカーに触れることもなかったと思うので、良い経験になりました。


梶山さん:
この度、J1リーグ最終節、柏レイソル対サンフレッチェ広島を観戦させていただきました。サッカーの試合を生で観るのは実に4年ぶりで、数日前から期待と興奮で胸がいっぱいでした。スタジアムに入ると、客席を埋め尽くすほどのサポーターがいて、私達も、配布されたチームカラーの黄色を身に着けて、サポーターの一員になれたような気がしました。さて、試合の結果ですが、柏レイソルは1-0でサンフレッチェ広島に見事勝利することができました。中でも、GKの中村航輔選手のファインセーブや、FWのクリスティアーノ選手のシュートシーンは手に汗握る展開で、私自身も思わず声を上げて応援してしまいました。後半の13分には、セットプレーから、キャプテンの大谷秀和選手のゴールがあり、サポーター、同期含めて全員で立ち上がり得点を喜び、少しは絆も深まったのではないかと感じました。柏レイソルの選手は、全体的に運動量も多く、攻撃にも守備にも積極的で、本当に一生懸命プレーをしていると感じました。共に私も、常に全力で物事に取り組む姿勢を忘れてはならないと、社会人として一歩を踏み出そうとする今、再確認を致しました。日立柏サッカー場は、選手と観客の距離がとても近く、臨場感や迫力を感じやすい造りになっていると思いました。私は、スポーツ観戦の中でも、サッカー観戦がとても好きなので、またの機会がありましたら、日立柏サッカー場に足を運び、柏レイソルの応援をしたいと思います。簡潔ではありますが、以上で感想とさせていただきます。


皆さんお疲れ様でした!

 

税経センターグループ 税理士法人あさひ会計は、
柏レイソルのスポンサーをさせていただいております。
 

日立柏サッカー場を訪れた際は、是非 弊社の看板を探してみてください!

PAGE TOP