2018年11月第146号|3|消費税の軽減税率制度|

2019年10月1日から、消費税等の税率が8%から10%に引き上げられると同時に、軽減税率制度が実施される予定です。

事業者は、例えばスーパーのレシートのうち、雑貨(消耗品費等)は10%
飲食料品(ex福利厚生費:残業食)は8%となり、区分経理を行う等の対応が必要になります。

また、例えば牛丼を店内で食べる場合は10%
一方持ち帰りは8%となり、同じ飲食料品に対して、税率が2つ存在することになります。

さらに、飲食料品を取り扱う事業者は、レジの対応も必要になってきます。
複数税率対応のレジ導入等にあたっては、その導入費用の一部を補助する補助金もございます。

関連記事

  1. 2018年9月第144号|3|消費税に関する改正内容|
  2. 2016年9月第120号|2|「株主リスト」が登記の添付書面とな…
  3. 2017年1月第124号|7|住宅ローン控除と借換え|
  4. 2019年7月第154号|1|「不都合な真実」|
  5. 2017年11月第134号|4-1|あきない遠眼鏡~人不足の後は…
  6. 2019年8月第155号|1|「企業の姿勢」|
  7. 2019年7月第154号|6|社員旅行in箱根芦ノ湖|
  8. 2016年11月第122号|6|贈与税の非課税|

カテゴリー

PAGE TOP