2020年1月第160号|4|税経センターグループ 大忘年会

本年も税経センターグループ大忘年会を開催いたしました。

2019年12月3日(火)、ハート柏迎賓館にて、税経センターグループ大忘年会を盛大に開催することができました。本年は、年末の大変お忙しい中にも関わらず、例年を上回る70名の参加を賜り、弊社社員一同、心より感謝申し上げます。

弊社代表取締役 栗山の挨拶にて開会し、株式会社ファーストガレージの川原様・株式会社スカッドの石川様と共に鏡開きを行いました。

 

その後、有限会社藤木工 代表取締役 藤田様より乾杯のご発声を頂きました。
このように、毎年沢山の方々のご協力のもと、当忘年会を開催できますこと、皆様には日頃からのご愛顧を心より御礼申し上げます。

さて、恒例となりましたテーブル対抗クイズ大会では、2020年に東京で行われるオリンピックをテーマに、“柏オリンピック2019”と題して、様々な競技を行いました。映像や画像を大画面のスクリーンに投影したり、実際に社員がステージ上で競技を行ったりと、観て感じて楽しんで頂けるように試行錯誤を重ねて当日のプログラムを準備致しました。ここからは、各競技の内容を少しだけ振り返っていきたいと思います。

税経センターグループ大忘年会

 

★第一競技(オリンピッククイズ) …これまでのオリンピックの歴史を振り返る内容のクイズでした。思わぬ珍回答もあり、大会の幕開けにふさわしい競技となりました。

★第二競技(ジェスチャーゲーム) …弊社の社員達が実際に選手として登場し、追加種目に関するクイズをジェスチャーゲームにて行いました。各アスリート達の秘めた身体能力が垣間見え、弊社からもオリンピックに出場する選手が登場する未来に、思わず期待してしまうような競技となりました。

★第三競技(足つぼ聖火リレー)  …オリンピックの象徴でもある聖火リレー。社員聖火ランナーが、一度も燈火を絶やすことなく、いばらの道を乗り越えて聖火トーチを繋いでくれました。

★第四競技(役員対抗パターゴルフ)…オリンピックの正式種目でもあるゴルフ。サイコロの出目の数だけぐるぐる回ってパターパットを入れるという競技でしたが、まさかの役員全員大失敗。しかし、お客様の皆様のご協力もあり、非常に盛り上がる結果となりました。

 

新入社員による余興では、ダブルダッチという競技を披露させていただきました。
新入社員一同、限られた時間の中で練習を重ね、本番では大成功を収めることができました。フレッシュな彼らの今後の活躍にも期待して参りたいと思います。

本年も皆様のおかげで無事に忘年会を開催することができました。

令和初の忘年会となりましたが、参加してくださった全ての方々にお楽しみ頂ける内容をご提供できていましたら幸いです。

2020年も税経センターグループを何卒よろしくお願い致します。

 

お忙しい中、税経センターグループ大忘年会へご参加頂きましてありがとうございました。

私は、昨年から引き続き忘年会に携わらせて頂きましたが、昨年と比べて今年の忘年会はいかがだったでしょうか。

ご参加して下さっているお客様はもちろんのことですが、樽酒のご提供、鏡開き、乾杯の挨拶などお客様のご協力があり開催ができていると感じております。この場を借りてご協力してくださったお客様に御礼申し上げます。ありがとうございます。

2020年の大忘年会も開催できるよう社員一丸となり業務に邁進して参ります。今年あいにくご参加できなかったお客様は、来年のご参加お待ちしております。

実行委員長 髙橋 国一

 この度は税経センターグループ大忘年会へご参加いただきまして、誠にありがとうございました。

今回は令和最初の大忘年会ということもあってか、楽しいハプニングがありました。最後の競技のパターゴルフにて、各テーブルからお客様が急遽登壇してゲームに参加していただきました。

台本ではまったく想定していない事態に、進行役の実行委員としては、実はかなり焦りました。しかしながら最終的には皆様の熱気と協力によって、お客様参加型のゲームになり会場が一番盛り上がりました。

来年も引き続き社員一丸となって、手作り感のある税経センターらしい忘年会になるよう努めますので、皆様のご参加心よりお待ちしております。

実行委員 花井 孝之

税経センターグループ大忘年会へのご出席、誠にありがとうございました。

約2ヶ月間、「オリンピック」をテーマに打ち合わせ、準備をしてまいりましたが、お楽しみいただけましたでしょうか。

至らぬ点もあったかと思いますが、皆様にご協力いただき無事に終えることができました。

感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

来年は、今年を上回る素晴らしい忘年会になるよう社員一同努めてまいります。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

実行委員 雜賀 裕美

 弊社大忘年会へご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

ご参加を頂くお客様に楽しんでいただけるよう全力で準備をして参りましたが、会が始まってみると、我々がお客様に楽しませて頂く場面もあり、会場全員で作り上げた忘年会であったと心より感じております。

日頃より、この支え合いの精神を忘れず、業務に取り組むと共に、来年もおひとりでも多くの方に、ご参加とお楽しみを頂ける忘年会を企画開催できるよう、社員一同尽力して参ります。

今後とも、税経センターグループをよろしくお願い致します。

実行委員 梶山 祐輝

関連記事

  1. 2019年1月第148号|6-1|あきない遠眼鏡(とおめがね)~…
  2. 2019年7月第154号|2|留学生が就職しやすくなりました!!…
  3. 2018年7月第142号|4-1|あきない遠眼鏡~悪いのは「佐川…
  4. 2019年11月第158号|2|あさひ法務「製造業での外国人材活…
  5. 2019年9月第156号|6|格安スマホへ乗り換え!?|
  6. 2020年4月第163号|3|いよいよ中小企業も実施に…労働時間…
  7. 2020年3月第162号|4-1|あきない遠眼鏡(とおめがね)~…
  8. 2019年7月第154号|1|「不都合な真実」|

カテゴリー

PAGE TOP