2018年11月第146号|6|家計簿ソフトのご紹介!!|

皆様、家計簿は作成されておりますでしょうか??

近年、クラウドの進化により、Webブラウザやスマートフォンだけで利用できる家計簿サービスが増えてきました。クラウドの会計ソフトと同様に、金融機関・クレジットカード明細等と連携することが可能となっており、家計簿機能だけでなく、資産管理にも活用することができます。

<主なソフト>
・Zaim(https://zaim.net/
・マネーフォワード(https://moneyforward.com/
・Money Look(https://www.moneylook.jp/

<メリット>
・どこでも家計簿をつけられる
・自動で計算、集計をしてくれる
・グラフや目標等内訳が可視化される

<デメリット>
・個人情報である口座等の入力に抵抗がある
・機能によっては有料

私は個人の家計簿ソフトとして、「マネーフォワード」を使用しています。連携する金融機関が11件以上で、連携先データを常に最新の状態にアップデートするという機能があるため、プレミアムサービス(有料)を選択しています。用途としては、家計簿よりも資産管理の色合いが強いですが、自分の所有するマンションの推定価格(※)や仮想通貨、ポイント、電子マネー、年金、さらには住宅ローンの残額を表示することができ、非常に便利です。

皆様も試してみては如何でしょうか??

※https://corp.moneyforward.com/news/release/service/20170713-mf-press/

何かお困り事がございましたら、いつでも気軽にご相談下さい。
茨城営業所 TEL 029-896-4023

関連記事

  1. 2019年2月第149号|6|「船橋ナンバーが導入されます!」|…
  2. 2018年10月第145号|1|「流れる水は濁らず」|
  3. 2020年2月第161号|4-1|あきない遠眼鏡(とおめがね)~…
  4. 2020年5月第164号|2|あさひ法務「新型コロナで外国人が入…
  5. 2020年6月第165号|2|<民法(債権法)が4月1日から変わ…
  6. 2019年10月第157号|4-1|あきない遠眼鏡(とおめがね)…
  7. 2019年6月第153号|6|民事信託セミナーのご案内|
  8. 2019年6月第153号|5|帝国データバンク景気動向調査報告|…

カテゴリー

PAGE TOP