2019年6月第153号|3|消費税の軽減税率対策補助金でレジを買い替え!?|

2019年10月から消費税率が8%から10%に増税されることに伴って、「消費税軽減税率制度」が実施されます。これは、増税の際、一部の品目(飲食料品や新聞等)については税率を軽くして、消費税の税率が8%に据え置かれる措置をいいます。この制度により複数の税率が混在することとなりました。物の販売だけではなく、仕入れや経費などにも影響してくるため、広範囲への影響が想定されています。

そのような状況下において、中小企業庁は軽減税率への対応支援として、「軽減税率補助金」を公表しました。軽減税率を取扱う中小企業・小規模事業者であれば、レジを新しく買い替えたり、既存のレジを改修したりするときに使える補助金です。

<対象>
・レジ本体及び付属品
・設置に要する経費
・商品マスタ設定費用等
※レジを買い替える場合

<補助金額>
・タブレット等(汎用性のあるもの) … 費用の1/2
・タブレット等以外         … 費用の3/4
※上限金額は、レジ1台につき20万円まで(複数台の場合、1事業者につき200万円まで)

業を新たに行う事業者も対象となっており、補助金額を考えると申請するメリットは十分になるかと思います。
ただし、注意点もあります。

<注意点>
・導入又は改修を行った日、支払いが完了した日が2019年9月30日までとなっており、
補助金交付申請の期限は2019年12月16日です。(事後申請)
・日頃から軽減税率対象商品を販売・取引しており、将来にわたり継続的に販売や請求書の発行を行うために
導入又は改修する事業者に限定されています。(後日調査が入る可能性が有ります)

まずはご自身で行われている事業が複数税率のレジを必要としているかを確認頂き、対象となるようであれば申請手続きをお勧めします。記載できなかった細かい要件もありますのでお気軽に営業担当にご相談下さい!

何かお困り事がございましたら、いつでも気軽にご相談下さい。
茨城営業所 TEL 029-896-4023

関連記事

  1. 2017年7月第130号|1|「うわべだけの理念」|
  2. 2019年9月第156号|5|帝国データバンク景気動向調査報告|…
  3. 2018年8月第143号|4-1|あきない遠眼鏡(とおめがね)~…
  4. 2018年11月第146号|5-1|事業承継問題・銀行対策セミナ…
  5. 2017年3月第126号|4-1|あきない遠眼鏡(とおめがね)~…
  6. 2018年1月第136号|7-1|帝国データバンク景気動向調査報…
  7. 2018年6月第141号|6|個人住民税は住んでいるところで税額…
  8. 2019年7月第154号|6|社員旅行in箱根芦ノ湖|

カテゴリー

PAGE TOP